027誰もいない一人暮らし。もう、立派な社会人なのだから、何をするにも自己責任という言葉がついて回る。お金に関しても、いつまでも親に、おんぶにだっこ、というわけにはいきませんよね。

始めたばかりの一人暮らしで、ついついお金を使いすぎて、生活費が足りなくなってしまうという事態も、若い人にはありがちなことです。

でも、だからといって、親に泣きつくことだけは避けたい、そういう気持ちは誰しも持っていることでしょう。でも、友だちに借りようと思っても、これがなかなか話しづらいこともありますよね。

友だちだって、けっしてお金に余裕があるわけではないのですから。しかし、何とかして足りない分の生活費をつくらなければなりません。

これはピンチですよね。誰にも心配をかけずに、また誰にも迷惑をかけずに、必要なだけのお金を借りるとなると、ここは金融機関からの借り入れとなりますよね。でも、ここで多くの方が躊躇することになります。

それは、借金、という言葉がどうしても耳に響いてくるのです。ましてやこれまでに金融機関などからお金を借りたことがないという人ならなおさらのことではないでしょうか。

消費者金融と聞くとどうしても引いてしまう、これも一種の条件反射なのですね。確かに昔は借金地獄ですとか、闇金ですとか、そういうマイナスのイメージがついて回りました。

こうしたところから借り入れをしてしまうと、いざ返済が滞ってしまったときに、怖い人が自宅までやってきて悪質な取り立てをする。

そういうこともあったのですが、それは昔の話で、今はこうした取り立てや法外な利息を打ち出すことが法律で厳しく規制されていますし、テレビのコマーシャルなどで宣伝しているような消費者金融は至って安全です。

参照→お金を借りる大技林

無利息期間というサービスを賢く利用する

002何かの入用で借り入れをするとき、多くの方は銀行か消費者金融を利用しますよね。特に大きな金額の場合は銀行でローンを組みます。たとえば、住宅ローンや自動車ローンというように。

しかし、それ以外の比較的金額の少ない借入ならば、今はキャッシングやカードローンのような便利な融資があります。銀行もそうですが、人気なのは便利な消費者金融からの融資ですね。

こうした小口融資は、前述したような銀行の大型ローンのように用途がちゃんと決められているものではなく、言ってしまえば何に使ってもいいというのが大きな特徴です。

今すぐにでも現金がほしい、そういうシチュエーションではやっぱり消費者金融の融資がおすすめになります。銀行からの借り入れだと、どうしても審査が厳しくなり、時間もけっこうかかってしまうことがあります。

消費者金融ならば審査も短時間で済みますし、融資までは時間がかかりません。即日融資というサービスを提供しているところも多い。そして、何よりも無担保無保証というお手軽さです。ですから急な入用の方には断然おすすめなのですね。

しかし、その便利なサービスを提供するかわりに、どうしても金利は銀行よりは高く設定されることがあります。ここは要注意ですね。こうした借入をする場合、最初に頭に入れておかなければならないことは、やっぱり返済のことですよね。

どんなに信用できる金融機関でも、この返済が滞ることがあれば大変です。借金はどんどん増えていくことも多いに考えられますよね。いわゆる借金地獄と呼ばれるものは、こうした利息が大きな障害となって返済不能になることが多いです。

一番肝心なことは、自分が確実に返済できるような借入をするということ、これが大事です。そのためにも融資は賢く利用することが必要ですね。今、無利息期間というサービスを提供しているところもあります。

もしものときには便利な借入を賢く利用することも大事

008この無利息期間というサービスは、たとえば借り入れをして30日以内に完済すれば利息は取られないというものなのです。こうしたサービスを提供している金融機関を探して利用することも一つの方法ですね。

たとえば、今、現金が必要で実際に借入をするわけですが、あと数日で給料日がやってくる、そういうときにこの無利息期間を設けている金融機関を選択して、給料日がきたときに全額返済することができますよね。そうすれば利息はただになります。

これは本当に嬉しいサービスですよね。別に給料日でなくても、ちょっと大きな金額でしたらボーナス時に一括で返済すればいいわけです。

ただし、このサービスは各業者で若干の違いがあります。30日以内と言っても、借入をしてから30日なのか、あるいは申し込みをしてから30日なのかで状況はかなり違ってきますよね。

この点は借入をする前にしっかりと把握しておくことが必要です。とても便利なサービスなのですが、利用如何では予期せぬ事態を招くこともあります。

本当は借りないことが一番、そんなことは充分に分かっていることなのですが、人生にはいろいろと状況の変化というものがありますよね。もしものときには、こうした借入を賢く利用することも必要になるのではないでしょうか。